HOME

English

サイトマップ お問い合わせ RSSボタン
alphaaviation-menu
パイロットスクール
ヘリ・飛行機 操縦訓練日記
生徒たちの合格報告
活躍する卒業生たち
ヘリコプター操縦訓練コース
下妻校
足寄校

オーストラリア校

飛行機操縦訓練コース
福島校
中標津校

ヘリコプター/飛行機販売
ロビンソンシリーズ
Diamond DA シリーズ
Diamond シミュレーション
ロビンソン社から

航空整備
航空整備士の免許と仕事
ヘリコプターメカニックコース
整備実績:型式証明書

整備士奮闘日記

航空ニュース
テレビ放送関連ニュース
イベント速報ニュース
世界ヘリコプター選手権
航空関連グッズ
アルファーショップへGO!
空撮映像・画像
空撮映像・画像

Q&A
アオチャンにQ&A

ヘリコプターQ&A
気象解説
パイロット適正検査

アルファーから
会社概要
静コーナー
青チャンコーナー
スタッフコーナー
アルファー旅日記
採用情報
アクセスマップ

 

募集

 


事業用ヘリコプター陸上多発タービン機限定を取得して
TAとして働きながらドクターヘリパイロットを目指そう!

ドクターヘリのパイロットの求人は、ストレートには現れないまま、ドクターヘリを運航している運航会社の求人として、「2000時間以上の多発パイロット募集」として通年募集として恒常化しています。
つまり「応募資格を得ればいつでもドクターヘリパイロットへのドアをノックできるのです。」


今現在はガイドラインとして総飛行時間2000時間以上のパイロットが多発タービン機でのドクターヘリ業務に従事しています。(パイロット不足により1000時間程度に総飛行時間の基準 を下げることが検討されています。)
このガイドラインがダイレクトに経験者求人の応募資格となっているのです。

ではどうやって、1000時間以上の飛行時間を獲得するのか。
通常は送電線パトロールや写真撮影で時間を稼いでいきます。

私どもは、大学の実習などで大学院生がつとめるTA(Teaching Assistant)制度を操縦教育に取り入れました。

アルファーアビエィションでは、事業用操縦士資格所持者を対象に陸上多発タービン機限定資格を取得後、TA(Teaching Assistant)として従事し、飛行時間を増やすドクターヘリパイロットコースを開設しました。

このコースの特典は、陸上多発タービン機資格を取得することにより、就職先が増えて就職に有利になるのはもちろんのこと、教育証明を目指すことも可能です。


戻る

当社(下記)まで直接ご連絡ください。



アルファーHOME

米国ロビンソンヘリコプター社正規代理店/ダイヤモンドエアクラフト社総代理店
アルファーアビエィション
〒108-0073 東京都港区三田3-5-21 大和地所三田ビル7F/10F
TEL:03-3452-8420   FAX:03-3452-8957

お問い合わせメール  r22@pilot-license.com
当サイトで使用している画像や動画、記事などの無断転載を禁じさせて頂きます。