HOME

English

サイトマップ お問い合わせ RSSボタン
alphaaviation-menu
パイロットスクール
ヘリ・飛行機 操縦訓練日記
生徒たちの合格報告
活躍する卒業生たち
ヘリコプター操縦訓練コース
下妻校
足寄校

オーストラリア校

飛行機操縦訓練コース
福島校
中標津校

ヘリコプター/飛行機販売
ロビンソンシリーズ
Diamond DA シリーズ
Diamond シミュレーション
ロビンソン社から

航空整備
航空整備士の免許と仕事
ヘリコプターメカニックコース
整備実績:型式証明書

整備士奮闘日記

航空ニュース
テレビ放送関連ニュース
イベント速報ニュース
世界ヘリコプター選手権
航空関連グッズ
アルファーショップへGO!
空撮映像・画像
空撮映像・画像

Q&A
アオチャンにQ&A

ヘリコプターQ&A
気象解説
パイロット適正検査

アルファーから
会社概要
静コーナー
青チャンコーナー
スタッフコーナー
アルファー旅日記
採用情報
アクセスマップ

 

前の話題:Before / メニューへ:Menu/ 次の話題:Next

就職できるパイロット免許の取り方

就職できるパイロット免許の取り方

今週、36才の卒業生が消防パイロットへの就職が決まりました。彼は飛行時間も200時間以下、パイロットでの就業経験は無し、転職組というごく一般的な方で、現状の社会状況に鑑みると決して就職が容易とは言い切れない状況でした。しかし、彼は見事に就職を勝ち得ました。それにはどのような秘訣が有ったのでしょうか。

世の中の噂や常識というものは、2〜3年前の業績・実績に基づいたものが多いのです。例えば大学生の就職希望先一位の企業とか人気職業などです。つまり現状と常にかけ離れているのが、噂の本質なのです。

これと同じようにパイロットの就職は、経験者で無いと出来ないなど流布されています。しかし現在の状況を見るとパイロットを求人している団体が経験者を易々と見つけられるようなことは有りません。自衛隊員それもパイロットは収入が高く、55才で退職になるまでは辞めなくなりました。パイロットを求人している団体は、内心は経験者(それも型式限定を持っている人)をヘッドハンティングできれば良いと思っています。ですが年齢が適切なそのような人が応募して来ることは皆無になりました。それが今日現在の現状です。

そのため「入社(署)後直ぐに機種拡大(限定変更)の試験に合格できる人」であれば経験が無くても良いというのが条件となっています。

この条件を36才の卒業生は満たしていたのです。

「事業用操縦士を何処で取得しても免許に色がついているわけでないので同じ。」 という考え方は就職を最終ターゲットとすれば全く間違っています。

今後、限定変更試験を合格し続け、実戦的な飛行を身につけていかなければならないのです。それはエアラインパイロットもヘリコプターパイロットも同じです。それには確実な教育機関で最初から経験豊富な教官から指導を受けなければなりません。それに教えた教官に採用時に照会するのは普通だと言うことも忘れてはなりません。

最近は岩波書店が確たる人の紹介状を入社試験をうける条件としましたが、一般会社以上にパイロットは個人の資質が求められる職種ということを忘れてはなりません。

 

アルファーHOME

米国ロビンソンヘリコプター社正規代理店/ダイヤモンドエアクラフト社総代理店
アルファーアビエィション
〒108-0073 東京都港区三田3-5-21 大和地所三田ビル7F/10F
TEL:03-3452-8420   FAX:03-3452-8957

お問い合わせメール  r22@pilot-license.com
当サイトで使用している画像や動画、記事などの無断転載を禁じさせて頂きます。